スペイン語の子どもの本専門ネット書店/5000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

6、7、8歳〜 > La calle es libre/『道はみんなのもの』(さ・え・ら書房)原作
商品詳細

La calle es libre/『道はみんなのもの』(さ・え・ら書房)原作



商品番号 P020
書名 La calle es libre/『道はみんなのもの』(さ・え・ら書房)原作
税込価格 1,100円

数量:

少しなれたら

タイトル: La calle es libre
文: Kurusa クルーサ(ベネズエラ)
絵: Monika Doppert モニカ・ドペルト(ドイツ)
出版社: Ekare, 1981
シリーズ名: Asi vivimos
サイズ: 23x20.5cm、ソフトカバー
ページ数: 48ページ
対象年齢: 9歳から

内容
舞台はベネズエラの首都カラカス。20世紀半ば、石油がとれるようになり、工業化が進んだ時代、農村部からカラカスにどんどん集まってきた人々は、町の周囲の斜面に急ごしらえの家を建ててくらしはじめました。でも、貧しい家庭の大人たちは暮らしに追われ、子どもたちには遊ぶ場所もありません。ある時子どもたちは、役場の人たちに子ども用の公園をつくってくれるようかけあいにいきます。

カラカスのサン・ホセ・デ・ラ・ウルビーナという地区で実際にあった話をもとにした物語です。画家はドイツ人ですが15年以上ベネズエラに住み、いわゆるスラムの人々を、愛情のこもった筆致で生き生きと写実的に描いています。奥付に、物語の成立した経緯の説明があり、背景がよくわかります。ベネズエラの人々の暮らしぶりを知るにも最適の一冊。ベネズエラのロングセラー。