スペイン語の子どもの本専門ネット書店/5000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

6、7、8歳〜 > Un camello en la cornisa
商品詳細

Un camello en la cornisa



商品番号 P048
書名 Un camello en la cornisa
税込価格 1,500円

数量:

少しなれたら

タイトル: Un camello en la cornisa
文: Care Santos
カラ・サントス(スペイン)
絵:  Violeta Lopiz
(Lopizのoの上にアクセント)
ビオレタ・ロピス (スペイン)
出版社: Macmillan, 2009
シリーズ名: Librosaurio
サイズ: 15x21cm、ハードカバー
ページ数: 44ページ
対象年齢: 6歳から

内容
1月7日の朝ほど嫌なものはありません。クリスマスが終わって、いつもの毎日が始まります。三賢王にもらったおもちゃだって、すぐに片付けられてしまいます。ところが、その朝は特別でした。窓の外でコフ、コフと咳をする声がして、見てみると、建物の縁にラクダがいたからです。エリアはこっそりと、王さまに置いていかれてしまったラクダの世話をしはじめます。

スペインの子どもたちにとって1月6日は1年でいちばん楽しみな日。三賢王がいい子にはプレゼントを持ってきてくれます。けれども、それが終わってしまったら、翌日からは学校。いつもの毎日が始まります。
クリスマスの余韻を楽しみながら、次に向かっていく子どもたちをそっと応援してくれるような、あったかい作品。若手のイラストレータ、ビオレタ・ロピスのイラストがまたすてきです。
クリスマスシーズンにおすすめの1冊。