スペイン語の子どもの本専門ネット書店/5000円以上で国内送料無料                    

  

東京都公安委員会
古物商
許可第305481408610
宇野和美

カートを見る

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

取扱書籍一覧
本をさがす
キーワード

「タイトル」「著者名」「イラストレータ名」「日本語版タイトル」から、取扱書籍を検索できます。
スペイン語のアクセントはつけずに入力してください。
・タイトルNo paso nadaでさがすなら
  入力例 no paso nada
                 no nada
     
(一部の語も可。
      すべて小文字で入力)

・日本語版タイトル『ペドロの作文』で
 さがすなら

  入力例 ペドロの作文
       ぺどろのさくぶん
  (部分も可。ひらがなも可)
・著者Antonio Skarmetaでさがすなら
  入力例 antonio
                 skarmeta
                 antonio skarmeta
        
 (すべて小文字で入力)
・著者名アントニオ・スカルメタでさがす なら
  入力例 アントニオ
       スカルメタ
       アントニオスカルメタ
   
(全体を入力するときは続けて)

 

商品詳細

La perrona



商品番号 I013
書名 La perrona
税込価格 1,500円

数量:

だいぶなれたら

タイトル: La perrona
文: Vicente Munoz Puelles ビセンテ・ムニョス=プエリェス(スペイン)
(Munozのnの上に~)
絵: Irene Fra イレーネ・フラ(スペイン)
出版社: Anaya, 2006
シリーズ名: El duende verde
サイズ: 12.5x19cm
ページ数: 84 ページ
対象年齢: 10歳から

内容
はじまりは1936年のヒホン。空爆が激しくなり、ある日、さがしものに出た兄が死んでしまう。疎開のために、ぼくは兄弟とともに、両親のもとを離れて、ソ連へと船で送られる。そのまま、何十年も帰れなくなるとは知りもせずに。

Oscer y el leon de Correosなど、かわいらしい物語を書くムニョス=プエリェスが、自分の母親の兄弟の実話をもとに、スペイン現代史の、日本ではほとんど知られていない1コマを描いた物語。
題名のperronaとは、昔の10センチモ硬貨。軍人に「Arriba, Espanya」と叫んだらペローナをやると言われたぼくは、叫ぶことができず、遊んでいたビー玉を蹴ちらされてしまいます。それをおぼえていた父親は、ぼくがソ連に発つとき、お守りがわりにペローナを1枚にぎらせます。ぼくはそのコインを手に、聞いていた話とはちがう、寒くひもじいソ連の疎開生活を生きのびていきます。
この作家が書き残さずにはいられなかった作品でしょう。スペインに興味のある方には、ぜひ手にとってもらいたい物語です。

2006年度アストゥリアス本屋大賞受賞作